胃内視鏡(胃カメラ)・下部消化管レントゲン検査

経鼻及び経口上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

経鼻及び経口上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部内視鏡で観察可能なのは咽・喉頭、食道や胃・十二指腸です。

胃カメラを使えば、バリウムによる胃部レントゲン検査(胃透視)では見つからなかったような小さな病変を早期発見することができます。

当院では患者様の負担を少しでも減らすために、極細胃カメラを導入しています。太さは約5mm程度と「うどん」と同じくらいの細さのものとなっています。これだけ細いとほとんど咽頭反射は起こらず、口から胃カメラを飲んだとしても、ほとんど苦痛はありません。

ピロリ菌の検査と除菌

ピロリ菌の検査と除菌

がんのなかでも日本人に最も多い胃がんの患者は、約21万人とされ、年間約5万人が亡くなっていることをご存知でしょうか?

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌で、主に胃や十二指腸などの病気の原因になります。

このピロリ菌が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がん、さらには全身的な病気などを引き起こすおそれがあることが明らかになってきました。

胃や十二指腸潰瘍の経験がある方や、再発をくりかえす方、胃炎の方、胃MALTリンパ腫の方や特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の方、早期胃がんの内視鏡的治療を受けた後の方は、健康保険で検査を受けることができます。

ピロリ菌は薬で除菌が可能です。早期発見と除菌が大事にいたらない肝となりますので、早めの受診を心がけましょう。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)でわかる病気

場所 病名
のど 咽頭がん、喉頭がん
食道 食道がん、食道静脈瘤、逆流性食道炎
胃がん、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌感染症
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、乳頭部腫瘍

下部消化管レントゲン検査(大腸レントゲン)

下部消化管内レントゲン検査(大腸レントゲン)

大腸(直腸・結腸)に造影剤を注入し、X線撮影をして詳しく調べる検査のことで、下部消化管X線検査ともいいます。大腸がんは早期に発見、治療すれば後は経過が良好なことが多いため、近年では症状がなくても、積極的に下部消化管が行われるようになりました。

大腸がんの症状は、血便や便通異常、腹痛などです。とくに血便は重要で、肉眼で分かる血便や、便潜血反応で初めて分かる見えない血便まであります。

大腸レントゲンでは大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸結核、大腸憩室、虚血性腸炎などの病気がわかります。